10日午前10時半ごろ、東京都練馬区光が丘の都営アパート11階の一室で、東京都豊島区に住む会社員の男(35)が、別居中の妻(28)を刃物で切り付けた後、自分の首や腹を刺して自殺を図った。警視庁光が丘署によると、男は重傷を負い、妻も腕に軽傷で病院に搬送された。同署は男の回復を待って、傷害容疑で事情を聴く方針。

 同署によると、男は妻と離婚調停中で、同日は包丁を持って別居中の妻を訪問し、切りつけたという。妻が隣室に助けを求めて逃げ込むと、夫は反対側の隣室のベランダに向かい、自分の手首や腹を刺した。血まみれの男を隣室の住人が発見し、110番通報した。

 妻は長女(7)、二女(2)と3人暮らし。事件当時、室内には二女がいたが無事だった。

 現場は都営地下鉄光が丘駅から北東へ約700メートルで、マンションや学校、店舗などが立ち並ぶ地域。

【関連記事】
結婚迫られ嫌気 睡眠薬入りスープ飲ませ絞殺 上司の男を再逮捕
別れた夫の自宅に放火 容疑の32歳女を逮捕 警視庁
直撃!交際相手の女子高生に会えず…腹いせ放火男を逮捕
痴話げんかの末、女性に火を付けた男逮捕 大阪
「確実にころします」ツイッターで元交際相手の女性脅迫 男を逮捕

スイッチOTC候補19成分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
仙台「正論」懇話会 佐藤優氏講演 「菅政権、ファシズムの危険」(産経新聞)
「準非常事態」宣言…口蹄疫で鹿児島県(読売新聞)
<無賃乗車>IC乗車券不正利用は85人 JR東海社員処分(毎日新聞)
内田裕也、蓮舫行政刷新相にエール「ロックの魂を感じる」(スポーツ報知)
[PR]
by qzilnhl15n | 2010-06-16 16:15
 企業のトップに、読者からのさまざまな悩みについて答えてもらうシリーズ「“働く”について聞いてきた」。職場にいると息が詰まりそう……という人の悩みに対し、佐川フィナンシャルの長尾秀樹社長はどのように答えたのだろうか。【土肥義則】

<女性28歳Tさん、製造業>
いまの職場では、仕事以外の会話ができません。みなさん黙々と仕事をしていて、息が詰まりそうな感じがしています。もちろん仕事なので、私語は慎まなければいけません。ただムダ口を叩いてはいけない……といった雰囲気は、ほかにも悪い影響が出ているような感じがしています。例えば有給休暇を申請することも、口に出して言えない空気が漂っています。どのようにすればこのような雰囲気を変えることができるのでしょうか。

●上司や周囲に相談を

 まずお聞きしたいのですが、Tさんの職場の人間関係は良好でしょうか? 実は厚生労働省の調査(2007年)によると、職場の人間関係に強い不安や悩みのある女性は2人に1人いるという結果でした。

 「人間関係を良くしていく仕組みを持っている会社ほど伸びる」という言葉を聞いたことがあります。辛いときは、辛いと口に出したほうがいいですし、適度に愚痴を言うほうが効果的とも聞きます。仕事でもプライベートでも同じだと思います。

 Tさんがおっしゃっている「ほかにも悪い影響が出ているような感じがしている」というのはごもっともだと思います。コミュニケーションが少ない職場は、他者への関心が薄く、人間関係を作ることは難しいでしょう。職場でもプライベートでも人間関係を築くためには「あいさつ」や「声かけ」は基本ですし、「雑談」ができるようになれば、特に上司の方は、仕事において指示を出しやすくなり、生産性の向上につながると思います。

 風通しの良い職場環境づくりには、何も専門的なスキルは必要ないでしょう。あいさつや声かけ、これを続けて日々の自然な職場のスタイルにすることでもかなり変わってくるのではないでしょうか。

 まずは、Tさん自身から始め、Tさんの周りに浸透させていくのはどうでしょうか。そして忘れてはならないのは、1人では抱え込まずに勇気を出して、Tさんの上司や周囲に相談をしてみることです。ひょっとしたら、皆同じことを考えているかもしれません。キーパーソンはもしかしたらTさんかもしれません。気持ちを切り替え、がんばってください。

【関連記事】
上司が“無能”で困っています……どうすればいいでしょうか
人は能力さえあれば、成功を手にすることができるのか?
「結婚=生活が苦しくなる」と考えない方がいいですよ

菅副総理が代表選出馬へ 首相に伝えたもよう(産経新聞)
「えへへ…8日に分かる」再任続々、余裕の閣僚(読売新聞)
<訃報>栗原祐幸さん89歳=元防衛庁長官(毎日新聞)
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」―東京地裁(時事通信)
東大阪市 ラガーシャツで勤務…ラグビーW杯誘致目指し(毎日新聞)
[PR]
by qzilnhl15n | 2010-06-07 17:03