大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分(産経新聞)

 大阪市中央区役所の男性職員(61)が、税証明の発行窓口でガムを噛みながら市民に対応したとして、口頭で厳重注意処分を受けていたことが18日、分かった。処分は8日付。同区役所は「社会人として守るべき最低限のモラル。あってはならないこと」としている。

 大阪市によると、処分を受けたのは定年退職後に再任用された職員。今月4日、同区の男性が法人市民税を納めるために税証明窓口を訪ねたところ、この職員がガムを噛みながら対応したという。

 男性はその場で気付き、上司を呼び出して抗議。さらに「職員の顔が赤い。ろれつも回っておらず飲酒していたのでは」と指摘した。しかし、職員は飲酒を否定し、「1年前から禁煙中で、たばこを吸いたくなったのでガムを噛んだ」と説明したという。

 区役所幹部は「事情を聴いた際にもアルコールのにおいはしていない。市民に叱責(しっせき)されてしどろもどろになったと思う」と話している。

【関連記事】
「親族死んだ」4年半で7回 不正休暇の職員減給
中学校職員が酒気帯び運転、停職3カ月
国税調査官が税金逃れ マンション賃貸兼業の職員を懲戒処分 
釣りガイドを15年兼業 京都労働局職員を懲戒処分
入試採点ミスで約3500人大量処分 兵庫県教委

ペットめぐる口論で女性刺す? 殺人未遂容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)
FOMA障害、180万人影響(産経新聞)
大阪・堺で路上強盗、大学生軽傷(産経新聞)
石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収(産経新聞)
[PR]
by qzilnhl15n | 2010-01-25 21:45